スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『戦火の馬』’11・米





あらすじ
友情で結ばれていた少年と引き離され、軍馬として
第1次大戦の最前線に送られたジョーイは・・・。


解説


アカデミー賞
6部門ノミネート
(作品賞・撮影賞・作曲賞
美術賞・音響編集賞・録音賞)



スティーヴン・スピルバーグ監督の作品ですが





同監督の『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』と
同時期に公開され、アメリカでの興行成績は両方とも
約8千万ドルと同程度だったが、ヨーロッパでの
人気が高い『タンタン』に、全世界での興行成績では
2億ドルの差で完敗という結果に終わった。


『タンタン』は娯楽作で、こっちは賞狙いやし
むしろ善戦したと言えるかもしれんが。






第一次世界大戦で1000万頭の馬が死んだらしい




馬刺し
何人分
やねん




出演は『17歳のエンディングノート』のジェレミー・アーヴァイン





『ウォーター・ホース』のエミリー・ワトソン
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』のピーター・ミュラン





『サラの鍵』のニエル・アレストリュプ
『縞模様のパジャマの少年』のデヴィッド・シューリス
『アベンジャーズ』のトム・ヒドルストン
『つぐない』のベネディクト・カンバーバッチ
『ロックンローラ』のトビー・ケベル





『ミュンヘン』のパトリック・ケネディ
『もうひとりのシェイクスピア』のロバート・エムズ
『思秋期』のエディ・マーサン
『白いリボン』のライナー・ボック
『ルート・アイリッシュ』のジェフ・ベル
『愛を読むひと』のダフィット・クロス
『麦の穂をゆらす風』のリアム・カニンガム。



脚本は『リトル・ダンサー』のリー・ホール
『ブリジット・ジョーンズの日記』のリチャード・カーティス





撮影は『プライベート・ライアン』のヤヌス・カミンスキー





音楽は『シンドラーのリスト』のジョン・ウィリアムズ。




『戦火の馬』公式サイト



ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞって下さい。


脚本は『Mr.ビーン』の人だけあって
シリアスな展開の中にも、エミリーが
柵越えを教える場面では、ジョーイが
小さい方の柵を越えたり、柵を避けて
人参を取りに来たり、有刺鉄線に
絡まった場面のワイヤーカッターが
沢山飛んでくるとことか、結構笑えた。



ライオンズ達が足早に車に乗り込むくらい
知れ渡ってる攻撃的なガチョウが、馬具を
取り付ける場面で意味ありげに登場したので
てっきり、馬具装着成功目前で邪魔するのか
もしくはアルビーを援護して、ジョーイを攻撃
その拍子に馬具装着という流れかと思いきや
最後まで、ただ見てただけかよ(笑)



地主のライオンズへの嫌がらせの為に
テッドは農耕馬を買いに来たのに
サラブレッドを買って、自分の
首を絞めるって、アホやん(^_^;

ジョーイが奇跡の馬で、息子が
馬を調教してくれて、ラッキーやね。


「憎しみは増えても愛は減らない」

体が不自由で、痛み止めの酒浸りで
馬鹿な夫やのに、愛想を尽かさずに
息子に悪口も言わない出来た嫁を
貰ったことが1番のラッキーかもな。

ライオンズが言うほど美人ではないが
テッドの嫁にしては、美人やしな(笑)


まぁ、1番ラッキーやったんは
間違いなくジョーイやけど(^_^;

まず、農耕馬として買われたおかげで
馬具に慣れてたので、大砲を引く用に
殺されずに済んだし、ニコルズ大尉が
絵葉書をくれるくらい良い人だったので
アルビー父の旗をつけるのを許してくれた
おかげで、エミリー祖父が返してくれたし。

金はいらないって、エミリー祖父かっけー!
丘の向こうの大軍勢に気付かなかった時は
間抜けジジイと思ったけど(笑)

あの伝書鳩の話は、よく分からんかった(^_^;


ジョーイに、おんぶに抱っこで生き延びてきた
トップソーンが死んだが、強運を生かせたのも
利口さと頑丈さが特別な馬だったからではあるが。



先住民の合図と、泥に隠れた模様を言い当てて
アルビーの馬だと証明される場面は、感動的な
シーンやけど、さっきまでは殺そうとしてたのに
丁寧に扱うと言った手の平返し発言に、治らんのと
違ったんかい!と、ズッコケてしまった(笑)

飼い主が現れたから助けるってのも、見殺しに
された沢山の特別じゃない馬の事を思うと
釈然としない気持ちになったし(^_^;



教訓的な意味合いはなく、戦争の非情を
描きたかっただけなんだろうけど、母の
言いつけを守り弟を守る為に逃亡した兄弟が
弟は戦いたかったと悔やみながら処刑され
仲間を撃ち殺せなかったアンドリューは
毒ガスで死亡し、親の言葉や仲間への哀れみ
戦場では不要な感情を捨てられず、上官の
命令に背いたのが悪かったみたいな展開やな(^_^;
 
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

comment

Secret

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミュウミュウ 財布

1ページ目のYOSHIYU機の記事一覧ページ - 楽天ブログ(Blog)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。