『あなたへ』’12・日





あらすじ
北陸のある刑務所の指導技官・倉島英二のもとに
ある日、亡き妻・洋子が残した絵手紙が届く・・・。


解説


日本アカデミー賞
最優秀助演男優賞
最優秀助演女優賞


作品単体での評価ではなく、これまでの
実績を重視する日本アカデミー賞らしい
さんが
亡くなってから、賞を贈った






出演は『鉄道員』の高倉健
『ホタル』の田中裕子
『南極物語』の佐藤浩市






『夜叉』のビートたけし




『駅 STATION』の大滝秀治
『四十七人の刺客』の石倉三郎
長塚京三、原田美枝子、草なぎ剛
余貴美子、三浦貴大、岡村隆史
『僕の彼女はサイボーグ』の綾瀬はるか
『これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫』の浅野忠信。






監督は『あ・うん』の降旗康男
撮影は『タスマニア物語』の林淳一郎。





『あなたへ』公式サイト


ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞって下さい。


富山にある路面電車は、やっぱり都電や
土電みたく、とでんって呼ばれてるんかな?


東寺から新御堂って、1号線やなく
171号線を使ったみたいやけど
普通の映画なら、もっと京都っぽい
大阪らしい場所が登場するだろうが
今回の旅(放浪?)は、妻の遺言で
長崎に散骨する為であって、有名な
観光スポットは、そぐわへんもんな。

ただ、2人の思い出の地として、ルートからは
だいぶ外れる竹田城が登場するけど、やっぱ
雲海を撮りたかったんやろうね(笑)



回想はセピアという決まり事かと思いきや
花瓶を強調する為で、最初の方だけやったな。

アラ還なのに、風鈴を吹いて鳴らす姿が可愛い
田中裕子さんは流石、ジュリーが惚れた女や(笑)



倉島と同じように妻に先立たれて
倉島の手作りの物とは大違いの
立派なキャンピングカーに乗る
山頭火好きの国語教師が、実は
車上荒らしだったっていう設定は
余計な気がして、まるで浅野忠信を
警官で登場させる為だけな感じやな。

2005年の阪神優勝時に、倉島達が
大阪に住んでたって設定も、岡村を
使いたかったからな気もするし(^_^;

ちっとも岡村は、おもろなかったけど(笑)
草なぎ演じる物産展の強引な北海道の
いかめし屋は笑えて、良いキャラやった。


「自分は今日鳩になりました」

明らかに訳有りの南原は、綾瀬はるかの
死んだ筈の父で、余貴美子に海に投げてと
頼まれた娘の花嫁写真を、倉島は手渡す。

あれがラストやと、メインの倉島夫婦の
話が霞んじゃった気がしたな(^_^;


富山から長崎くんだりまで来させて
メッセージが「さようなら」だけでは
冷た過ぎるけど、愛する者に先立たれた
経験者ゆえの潔い別れの言葉なんだろうな。

倉さんが散骨の決心をする灯台の場面で
手紙を捨てるのは、どうかと思ったが
洋子の気持ちを汲み、時間を止めないで
思い出にすがらないって事なんかな。
 
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

comment

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR