『Black & White/ブラック & ホワイト』’12・米





あらすじ
親友でCIAの強力コンビでもあるF・D・Rと
タックは、お互い自慢の彼女の写真を見せ合うと
それはなんと同じ女性だったのだ・・・。


解説
全世界で興行成績1億5千万ドル超ヒットも
アメリカ国内では5400万ドルと、製作費が
6500万ドルの割に、期待外れな結果の作品(笑)



This Means War
(徹底抗戦あるのみ!)



原題とは全く違う意味不明な邦題やな(?)






出演は『恋人たちのパレード』のリース・ウィザースプーン





『アンストッパブル』のクリス・パイン





『裏切りのサーカス』のトム・ハーディ
『セックス調査団』のティル・シュヴァイガー
『イースターラビットのキャンディ工場』のチェルシー・ハンドラー





『Mr.&Mrs. スミス』のアンジェラ・バセット
『ディフェンドー 闇の仕事人』のジョン・ポール・ルタン





『カウボーイ&エイリアン』のアビゲイル・スペンサー





『スパイダーマン』のローズマリー・ハリス。






監督は『チャーリーズ・エンジェル』のマックG。



『Black & White/ブラック & ホワイト』公式サイト



ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞって下さい。


寿司屋で、スタミナ弁当はないやろ(^_^;
弁チョーって言ってたけど、ほんまの日本人?

FDRがサヨナラって言ったり、タックの息子が
最初ボコられてたから空手やと思ったら、最後に
腕ひしぎ逆十字してたから、柔術か何なのかは
分からんけど習ってたし、日本贔屓の作品やね。


プールを底から覗ける部屋ってええなと思ったけど
逆に覗かれる心配もあるから、嫌やな(^_^;
良い女ばかりが泳ぐ訳でもないし(笑)


監視する事に葛藤したように、タックは
真面目男という設定やのに、入れ墨してて
勝手に空中ブランコするのが違和感(^_^;


リースは良い女優だとは思うけど、2人の
イケメンが取り合う女ってのは無理がある(^_^;

主演2人が小物(笑)やから、製作費を集める為に
ヒロインはビッグネームにしたかったんやろうな。

でも、製作費6500万ドルにしては、アクションが
しょぼ過ぎで、殆どリースのギャラなんちゃう?(笑)


やる時の音楽は、シャーデーなんや(笑)

クリムトにしろ犬にしろ、好きでもないのに
合わせていたFDRよりも、タックは自然体で
気が合ってたから、タックの方がお似合いやけどな。

FDRへのキスは、元彼への対抗心からやけど
タックの時は自然の流れやったし。

タックは息子がおるから、元サヤに納まるのが
全て丸く納まるし、タックとくっついた場合
FDRだけボッチになると、ハリウッド映画の
ハッピーエンドには相応しくないって事か(^_^;

英国人が勝つのも、米映画では好ましくないし(笑)


タックはローレンと寝てなかったが、FDRは
タックの妻ケイティと寝てたっていうオチは
同時に2人と寝た女がハッピーエンドだと
キリスト教的に、まずいせいもあるんかな(^_^;
 
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

comment

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR