拍手かっさい!


41歳の春
だから♪


1月のW杯で、史上最年長優勝を果たした


カミカゼ

レジェンド

葛西紀明



ソチ五輪ノルディックスキーのジャンプ
男子個人ラージヒルで、銀メダルを獲得し
1948年のサンモリッツ五輪で銀メダルの
ルード(ノルウェー)の36歳168日を
上回る41歳254日で、五輪のジャンプ
史上最年長となる歴史的なメダルを手にした。



七度目の
正直!


日本人最多のW杯通算16勝の葛西選手ですが
92年アルベールビル五輪から史上最多の7大会
連続出場ながら、94年リレハンメルの団体では
銀メダルだったものの、個人でのメダルは初めて



「ふなきぃ~
ふなきぃ~」

98年の長野五輪で日本は、団体ラージヒルで
金メダルを獲得したものの、葛西選手は怪我の
影響もあって、団体のメンバーから外されていた。


「金メダルを獲って、本当の
レジェンドと呼ばれたかった
金メダルを目指して頑張りたい」


今度こそ、団体での金メダル獲って欲しいな

スポンサーサイト

theme : オリンピック
genre : スポーツ

comment

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR