スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西から世界へ!












泣き虫の織田信成だけは、惜しくも出場を逃したが
村山実、岩田稔、宮根誠司の関西大学の後輩である




高橋大輔
&町田樹



そして、羽生結弦、鈴木明子、村上佳菜子、浅田真央が





ソチ五輪フィギュアスケート日本代表に選ばれましたが
全日本選手権で15歳ながら、4位になった関大高の
宮原知子の生まれた京都で、先週の日曜日に行われた


全国高校駅伝


について書いてみたいと思います















先月、入場無料だからという事で足を運んだ
西日本選手権で、町田樹を生で観たんですけど
京都アクアリーナという所でやってたんですが
この駅伝は、その近くにある西京極陸上競技場を
発着して大徳寺や、関大のライバルの同志社大の
横を通るコースを、男子7区42・195キロ
女子5区間21・0975キロで争われた。











男子は、4校による激しいデッドヒートを制して
小学生の時の夢は、阪神入団だった松本哲也の母校



山梨学院大付
山梨初の優勝



2位は猛虎キャンプリポートの村上隆行の母校
大牟田(福岡)、3位は伊賀白鳳(三重)で
体罰でお馴染みの西脇工(兵庫)は10位











女子は、婚活ランナー新谷仁美の母校
興譲館(岡山)に57秒の大差をつけて


豊川
(愛知)
史上最多
4度目
2年ぶり
の優勝


3位は須磨学園(兵庫)、4位は立命館宇治(京都)
8位に大阪薫英女学院(大阪)となった。






レース終了後1時間して、男女8位の入賞校と
「炎の体育会TV」、「オールスター感謝祭」でも
活躍したローズメリー・ワンジル(青森山田)等
区間賞の選手が、閉会式で表彰された。










スポンサーサイト

theme : 陸上競技
genre : スポーツ

comment

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。