連覇なしよ












涼宮ハルヒの憂鬱の舞台、県立北高校のモデル





兵庫県立西宮北高等学校では、電車で30分の
距離にある甲子園とは縁がなかったものの
プロ野球選手になり、メジャーリーガーに
なって、世界一にまでなった田口壮が








ららぽーと甲子園で、じゃんけん大会を
していた丁度その時、ペットボトルの水が
お湯になるくらいの暑さで、これがほんまの



熱湯甲子園や!



高校球児達が、熱い闘いを繰り広げていた。












バントが
勝敗を
分ける




高校野球第3日第3試合、春夏通算39回目
福井商と、初出場の帯広大谷との試合は
福井大会新記録の30犠打の持ち味を生かし
8回裏に、2つのセーフティースクイズで
福井商が逆転して、9回にホームランが出て
帯広大谷は1点差に迫るも、送りバントが
ゲッツーとなって、福井商が勝利した。












思てたん
と違う!



今成亮太の母校、春夏連覇を狙う浦和学院と
金村曉の母校、センバツ8強の仙台育英の一戦は













ドラフト上位間違いなしの好打者、仙台育英の


上林誠知
5タコ3K



センバツ優勝投手、浦和学院の2年生エース



小島和哉
11失点



初回5四死球2暴投3安打6失点と、小島が
予想外の大乱調の立ち上がりで幕を開け
3回に浦和学院は打者13人7安打の猛攻
8点のビッグイニングで大逆転したものの
仙台育英に同点に追いつかれ、左足痙攣で
182球で小島が降板した後、仙台育英が
サヨナラ勝利を飾った。



高校野球の醍醐味が味わえた2試合やったな。
















スポンサーサイト

theme : 高校野球
genre : スポーツ

comment

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR